九州大学 先導物質化学研究所

研究概要

最近のナノテクノロジーや生命分子科学などの最先端科学分野において、量子力学に基づく理論計算への期待は高まっています。当研究室では量子化学の立場から実験を行うことなく、分子や固体の電子構造や化学反応の研究を行っています。その研究対象は分子や固体の電子物性、酵素によって起こる生体内での化学反応です。ある物質が「何故そのような構造を持つのか?」「どのような電子物性を示すのか?」「どんな反応をするのか?」といった質問に答え、さらには望ましい性質を持つ物質を理論的に設計することが我々の主な研究です。当研究室では量子力学の原理に基づいて「分子と固体の電子物性」および「酵素化学反応」などの最先端の研究課題に取り組んでいます。


旧ホームページはこちら

Topicsarchives

2021年10月01日
修士1年Putra Reynaldo Antoniusが吉澤研究室のメンバーに加わりました。
2021年09月30日
中村伸特任助教が就職のため研究室を離れました。吉田将隆特任助教が東京工業大学に栄転されました。
2021年09月24日
博士3年鶴見直明が修了しました。
2021年09月13日
修士2年亀谷陽平が令和三年度中間発表試問会で優秀発表賞を受賞しました。 (詳細はこちら)
2021年08月31日
テクニカルスタッフ宮西真由子さんが退職されました。
2021年07月01日
住谷陽輔特任助教が着任されました。
2021年04月05日
学部4年上部岳洋、吉川宗邦が吉澤研究室のメンバーに加わりました。
2021年03月24日
学部4年山下皐介、吉岡悠太、修士2年岡澤一樹、田中靖也、堀幹矢、博士3年樋口千紗が卒業しました。
2021年02月27日
修士2年岡澤一樹が令和二年度最終試問会で優秀発表賞を受賞しました。(詳細はこちら)
2021年01月12日
博士3年樋口千紗の博士論文公聴会が行われました。 (写真)
2020年09月30日
阿部司特任助教が大阪大学に栄転されました。
2019年11月28日
吉澤教授が三菱ガス化学(株)新潟研究所にて特別講演を行いました。 (写真)
2019年11月15日
吉澤教授の論文が“BCSJ AwardArticle”に選出されました。 (詳細はこちら)
2019年10月03日
修士2年江木晃人が第66回有機金属化学討論会でポスター賞を受賞しました。 (詳細はこちら)(写真はこちら)
2019年09月27日
吉澤教授がインドネシアのバンドン工科大学にて集中講義を行いました。(写真)
2019年06月12日
Muhammad Haris Mahyuddin特任助教の論文が“2019 Catalysis Science & Technology HOT Articles”に選出されました。 (詳細はこちら)
2019年06月12日
先導物質化学研究所セミナーが開催されました。(写真)
2019年04月05日
研究室の歓迎会を行いました。(写真)
2019年04月05日
修士1年岡澤一樹、学部4年亀谷陽平、北川遼太郎、栗野啓太、中谷守男が吉澤研究室のメンバーに加わりました。
2019年03月31日
堀優太特任助教が筑波大学助教に栄転されました。
2019年03月20日
学部4年田中靖也、堀幹矢、修士2年北村泰洋、斎藤雅史、橋本航、博士3年糸山修平、村田裕幸が卒業しました。(写真)
2019年03月08日
追いコンを行いました。 (写真)
2018年以前のトピックスはこちら